冷媒ガスついて

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム 特徴の比較

 
 
冷媒ガスは昔フロンガスが主流でした。
このフロンガスは人工的に作られたもので、不燃性で分解しにくく、かつ人に無害で非常に優秀な化学物質でした。
しかし、皆さんもご存知かもしれませんがこのフロンガスはオゾン層破壊の大きな原因になり非常に問題になりました。
1970年代にオゾン層破壊が問題化すると、フロン類はその原因物質とされ、1985年のオゾン層の保護のためのウィーン条約や
1987年のオゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書により、製造及び輸入の禁止が決定されました。


 
これにより、フロンガスに代わり代替フロンが世に出回りました。
しかし、この代替フロンは強力な温室効果ガス(地球温暖化の原因の一つ)になります。
1997年の京都議定書により、代替フロンは削減対象となります。


 
環境問題に鑑み、現在は自然冷媒ガスへの転換を迫られています。
この自然冷媒ガスとは人工的に作られたガスではなく、自然界にあるガスのことです。
代表的なもので、二酸化炭素(CO2)・アンモニア(NH3)・水(H2O)・炭化水素(CH)・空気になります。
上記のガスはオゾン層への影響はもちろん、温暖化へも低い影響ということで環境に配慮した冷媒ガスとなり注目されています。


なぜ冷える(温める)のか?

 
 


冷媒ガスが使われている機械

 
 
  


弊社の考え

 
 
現在フロン・代替フロンの回収率は日本で全体の三割ほどとなっており、今後の課題となっています。
国を中心にメーカーは現在、機械に封入されている冷媒ガスを自然冷媒ガスに切り替えて製造開発を行っております。
今後エアコンを買う方や冷蔵庫など新しく買う方は問題ないかもしれませんが、機械自体はまだ非常に高いため、
買い替える方は二の足を踏んでしまうものとなっています。
我々の考えは機械を買い替えるのではなく、中のガスを代替フロンなどから自然冷媒ガスへ入れ替えることによって回収を促進し、
なおかつお客様は低コストで機械を引き続き利用できることを目的とした事業となっております。
弊社における自然冷媒ガスとはCO(炭化水素)になります。


炭化水素について

 
 
炭化水素はプロパンやイソブタンなどが代表になります。オゾン層を破壊せず、地球温暖化係数が低く、
エネルギー効率の高いものとなっております。
しかし、可燃性があるという理由で敬遠されがちでした。
皆さんもプロパンと聞くとプロパンガスが真っ先に思い浮かぶため、燃えると思い浮かぶかと思います。
それにプラス、ガスとのことで爆発すると思われているかもしれません。
実際のお話をします。
炭化水素は燃えます。しかし一定の条件がそろい始めて可燃します。

炭化水素の燃焼条件

1. 燃料(炭化水素)
2. 酸素(空気中に2%以上10%未満の単価水素が含まれることが条件)
3. 着火元(0.25mj以上のエネルギー、あるいは着火点が480℃以上)

※上記条件である三つが一つでも足りないと炭化水素は燃えません

 

しかも、上記はあくまで可燃についてです。爆発とは違います。爆発については別の話になります。
爆破とは、急激な物理変化または化学変化によって,反応に関係する物質の容積が著しく増大し,
周囲に急激な圧力上昇をもたらし爆発音を発したり破壊作用を示す現象のことをいいます。
一般に混合気体が爆発するためにはその組成が一定の範囲内にあることが必要で,
またある圧力(温度)のもとではある温度(圧力)以上にならないと爆発は起こらないとされています。
簡単にお話しすると、爆発は火事などで長時間さらされた際に起こりえます。
これはどんなガスであろうと一定の容器に一定時間熱を加え続ければ爆発する可能性を秘めていることになるのです。